「葉酸サプリ」と聞いた時、アナタは何を思い浮かべますか?

「妊婦さんに必要な栄養素の1つ」や「名前は聞いたことあるけど…」などと思ったことはありませんか?

サプリとして市販されているからには、人にとって大切な栄養素なのは間違いないはずです。

そこで今一度、葉酸の持つ栄養素や効果を知り、健康な身体作りのヒントにしてみましょう。

葉酸とは?

ほうれん草など緑の葉に含まれる栄養素で、水溶性のビタミンの1つであり、ビタミンB群に分類されます。

どんな働きに効果があるの?

ビタミンB12と合わさって血液をつくる働きがあり、悪性の貧血を予防してくれます。
また、最近の研究結果から、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患を防ぐ働きがあるということが分かっています。

他にも、初期の妊婦さんが葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管に関わる障害のリスクを減らしてくれる働きがあります。

葉酸が含まれる食品や推奨摂取量は?

葉酸が含まれる野菜として、ほうれん草はもちろん、枝豆やアスパラガス、ブロッコリーなどが挙げられます。
また、レバーやうなぎ、フォアグラなどにも豊富に含まれています。

1日の摂取量の目安としては、大人で約0.2mgとなっています。

葉酸の弱点

葉酸は水溶性の栄養素なので、たいへん水に溶けやすくなっています。
なので、食品から葉酸を摂取しようとした場合、下ごしらえの方法や調理法などに気を付けていないと、せっかくの栄養素が水に溶けて逃げてしまいます。
また、光や熱にも弱いので、保存方法などを間違えてしまうと、せっかくの栄養素が失われてしまいます。

的確に葉酸の栄養素を摂取するためには

手軽で、正しく健康的に葉酸の栄養を摂取できる方法は、やはりサプリメントです。
葉酸は大量に摂取してしまうと、発熱やじんましん、神経障害などを引き起こします。
身体にとって、健康な状態を維持できる量を摂取するには、サプリメントが1番でしょう。

葉酸サプリ